スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと春らしくなってきたのに

筑波大学附属病院に行ってきた。

発端は2月下旬、会社の診療所から呼び出されたことから始まった。
LDLの値が300台後半。異常な数値だ。
LDLとは、悪玉コレステロールを指す。
血液中の悪玉コレステロール値が正常な人と比較すると、約2.5高かった。

LDLが高くなる要因はいくつかあるらしい。
オレも自分の病気を知ろうとして本を何冊か買って読んだ。
食生活、ストレス、喫煙、遺伝が主な原因だ。
そしてオレの場合、どうやら遺伝性みたいだ。

お父さんが同じ病気を患っているらしい。
お父さんのお母さんも、そしてその兄弟、つまりお父さんの叔父にあたる人もだ。
オレが高校1年生の頃、家の食事が突然健康的になったのを覚えている。
お父さんが自分でこの病気に気付いたからだ。

LDLが高い状態を高脂血症、もしくは脂質異常症というらしい。
40代以上の日本人には珍しくない病気らしいが、
25歳でこの診断が出るのはなかなかないとのこと。
でも遺伝性なら話は別だ。

高脂血症の人間は将来的にどうなってしまうのか。
話は単純で、早死にする確率が上がるのだ。
脳梗塞、動脈硬化、心筋梗塞が主な死因となる。
つまり、こいつらを引き起こすリスクが高まるのだ。
すごく簡単に言うと、血管内に血しょうが溜まって血液が循環しなくなる。
血しょうが溜まる原因となるのがLDLである。

この病気は奥が深そうだから色々と調べて勉強する必要がありそうだけど、
今から出来ることとしてやらないといけないのは、
投与された薬を忘れずに飲むこと、
動物性脂肪を含む食事を極力控えること、
そしてタバコをやめることだ。

動物性脂肪を含む食事というのは実にたくさんある。
例えば牛肉、豚肉、バター、牛乳、各種内臓、卵など。
普段食べていたものを食べられなくなるのだ。
このストレスは計り知れない。

早い時期に見つかったのは不幸中の幸いかもしれないが、
一生この病気と付き合っていかないといけないのかと思うと気が遠くなる。
そして親を恨みたい気分だ。

片方の親が同じ遺伝子を持っている場合はヘテロ型、
両方が同じ遺伝子を持っている場合はホモ型と言うらしい。
幸いにもオレはヘテロ型みたいなんだけど、
ホモ型だと国家指定難病扱いらしい。
ヘテロ型だったことを喜ぶべきなのか。

これからは闘病の記事なんかも書けそうだ。
とりあえずあまり後ろ向きになりすぎないように。
病は気から、とも言うからね。
関連記事

Comments

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。