スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調べる力

最近の若い子たち(特に高校生)には呆れるわ。

ここ数日風邪気味だしやることが無かったオレが向かった先は・・・
Yahoo知恵袋と広〇隊のブログにある質問掲示板。

そこで色々と呆れちゃったわけです。

なんかさ、今の人たちって自分で調べるという行為をしないわけ?
「英語小論文の書き方が分かりません、教えて下さい」
「AIU対策にオススメの参考書を教えて下さい」
「TOEICなど、推薦を受けるためにやっておくことはありますか?」

ググれよ!!オレのブログに辿り着くからググれよ!!色々書いてあるから!!
それから3つ目の質問!!とりあえず大学のホームページに行ってくれ!!!!

それすらしようとしないんだもんなぁー。
知恵袋と広〇隊の掲示板に聞けば何でも解決出来ると思ってやがる。

「国際教養大学に入るにはそれなりの英語力が必要ですか?」なんて質問はお話にならん。
一体どういう神経してんだよ。
そんなん大学のホームページとC日程のセンターボーダーを見れば一目瞭然だろうが。笑

みんながみんなこうじゃないのは当然だけどさ、中にはいるんだよ、こういう人間が。
こういう人たちがこれからAIUに入って来ると思うと悲しい。
推薦試験の面接官にはしっかりとこういう人を見極めてもらいたいものです。

これを読んでドキッとしてしまった受験生がもしいたなら、
人に頼ってばかりいないで自分の力で物を調べるという行為をして下さい。
AIUへ入学後、絶対に必要となってくる力でもありますよ。
関連記事
Theme: 大学生日記 - Genre: 日記

Comments

  • 2011/01/23 (Sun) 06:08
    もっそ #- - URL
    *ワンさん

    まず初めに、AIUへの合格おめでとうございます!
    そして、AIUスピリッツを受け継ぎたいと言ってくれる後輩がいるのは非常に嬉しい!!
    ぜひぜひ後世に残して行って下さい!!

    学祭シーズンになると「ホームカミング」というイベントを通して、働き始めた先輩たちを大学に再び招くイベントがあります。これはパイプ委員会っていう委員会が企画しているイベントなんですが、こういったイベントに積極的に参加して、我々先輩一同がどういう人間なのか、どういったことを考えながら大学生活を経験し、そして働いているのか等々、さまざまなことを聞いて刺激を受けるのも良いでしょう。

    もちろんこういう後輩もいることは認識してますが、正直心配です。
    今後のAIUをよろしく頼みますよ!

  • 2011/01/23 (Sun) 05:58
    もっそ #- - URL
    *やかんさん

    やかんさんこんにちは。
    せっかく紹介して頂けたので、その本を読んでみようかなという気持ちになりました。
    思ったのですが、理系の大学の前半でやるような内容に関して(基本的な数学や会計、エクセル、グラフ読み取り、プレゼンなど)、これは結構AIUにいることでカバーできている気がします!身につけるものは教養なので、こういったことを広く浅く教えてくれるのは助かりますけどね。

    本当に情報収集ってのは大事ですよね。
    見てて思うのは、やはり情報収集が上手い人って「出来る」人が多いんですよね。
    高校生の年代の人たちには頑張ってもらいたいものです。。

  • 2011/01/22 (Sat) 21:18
    ワン #POQ5NLzM - URL

    こんにちは
    初めてコメントします

    私は推薦入試で幸いAIUに合格できました。
    AIUの制度や環境に惹かれたことはもちろんですが、先輩方に惹かれたのも大きいです。うまく言葉で表せませんが、今まで参加したことのある他の大学とは全く違った雰囲気、ある種の連帯感的なものをAIUで感じたのです。これこそ、AIUの最大の魅力だと思ったのです!!!

    AIUは最近メディアで取り上げられることも増え、受験生の中には表面的なもの(就職率など)につられている人も多いかもしれません。私も心配です。

    しかーし、先輩方が作り上げて下さったAIUスピリッツをしっかりと受け継いでゆくべく、私、頑張ります。常に周りを刺激できる存在でありたいと思っています。

    なんだか決意表明みたいになってしまいました…

    とにかく、AIUの将来を案じている人が新入生の中にもいるんだってことを伝えたかったんです。

    長文乱文失礼しましたm(__)m

  • 2011/01/22 (Sat) 09:55
    やかん #X.Av9vec - URL
    近頃の若い者は?

    お久しぶりです。おじさん化または成長の自覚の反映でしょうか(笑)
    『仕事のための12の基礎力』「キャリア」と「能力」の育て方 大久保 幸夫 (著) は大学生や若い社会人向けにわかりやすく「情報収集技術」についても解説しています。立ち読みでも可能ですが。大久保さんのもう少しアカデミックな本も含め読む価値あると思います。その中で基礎力以外の、必要な条件として「情報収集技術」と「数字読解技術」をすべてのベースとして特にあげています。前者はネットの社会ならサーチエンジン、RSSリーダー、Evernoteのようなものをどれだけ利用できるか。広範囲な基礎学問、経済、政治のキーワードを日本語、英語で理解できるかというようなことです。有効な情報を集められない人間はその時点で脱落者です。後者は数字を正しく理解し、加工して再利用する能力。理系の大学の前半で勉強する程度の数学、科学、会計の知識のほかエクセルや、表現に適切なグラフの知識、プレゼン能力などがあたります。私はとくに確率論の知識、QC7つ道具など一生ものと考えます。
     また社会人1年生には ITの基本的な勉強は専門家でなくても必要だと思います。専門家がはじめの1年目で学ぶ程度のことが理解できないと外部のITサービス利用の判断もできないはずです。この時点ではプログラム能力はあまり意味していません。
    お勧めはインドあたりで数ヶ月集中して勉強すれば安く(英語ですが)習得できます。Aptech Computer Educationあたりが有力です。
    日本のトップIT企業の多くは若手の人材育成にインドを使いはじめています。ハイレベルのIT分野で世界企業を支えているのはいまインドです。IT専門家と適切なコミュニケーションできる能力は上を目指すなら重要です。
    もっそさんもがんばってね。

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。