スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何とも言えない思い

今夜はAIU宮城県民会に参加してきた。

この時期に1年生の子たちと新たに出会うのは何だか複雑な気分。
嬉しいよ!!オジサンはすごく嬉しいんだよ!?

だけど・・・

あと4ヶ月ぐらいしか大学にいることが出来ないのに。
今出会うと、今後も色々と絡みたくなるって気持ちが強くなっちまう。
いっそのこと出会わなければ、こんな寂しい思いなんてしないのに。
・・・なんて思うこともある。

でも今の1年生も、きっと3年や4年になった時、
就職活動なんかで東京方面に行く必要が出てきて、
そん時に声をかけてもらえたら本望だ。

にしても、ホントみんな若い!18歳てw
オレも精神年齢は18歳のままでいるつもりなんだけど、顔だけはどうにかしt・・・


そういや、この前のAIU軽音ライブは良かった。色んな意味で。
もちろん自分の演奏もそれなりに納得出来るものだったし、
軽音部全体の雰囲気もなかなか良くて居心地が良かった。

RAてぃんでは本当にたっくさんのお客さんが聴きにきてくれて・・・
一所懸命練習してきた身としてはこの上なく幸せです。
「スピッツバンドではすごく楽しそうに弾いてたね」という友人の一言も参考材料になる。
昔とはだいぶ違い、余裕が出来ている証拠。

バンドってのはボーカルが目立って当たり前だし、ボーカルが人気を獲得するのは当たり前。
「ボーカル○○さんの声を聴きに来ましたっ!」という人も結構多い。

もちろんオレだってちょっとは目立ちたい。
本音を言えば、ステージの上でRADWIMPS弾いて、
ちょっと良いところ見せたいという気持ちはある。

でもこの前思ったことが1つ。

ギターだったりベースだったりドラムっていう楽器を演奏するオレらは、
ボーカルのパフォーマンスを引き出す能力があって、同時にそれが使命でもある。
基本的に目立ってはいけないのだ。

ボーカルに歌いやすい場を提供し、全体で1つになるような曲を演奏するのが大事で、
そこでオレも目立ちたいなんて思っちゃいけないのかもしれない。
・・・ということに気付いた。

次のライブでは、自分が「大事な脇役」であるという気持ちを抱きながら演奏しようと思う。

もっとこう・・・

上手く言えないけど、優しい感じに仕上げたい。丸みを帯びたような演奏に。
みんなの心に突き刺さってそのまま突き抜けるような演奏じゃなくて、
突き刺さったままそこにベールを張って残るような演奏がしたい。

明日から早速バンド練習再開です。
そしてその後は寿司屋で打ち上げじゃい!
関連記事
Theme: 大学生日記 - Genre: 日記

Comments

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。