スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the HIATUS ANOMALY TOUR@秋田 Club SWINDLE

本当に夢のようでした。
全てが一瞬で、でもしっかりと脳裏に焼きつかれていて。

整理番号3番は、本当に細美さんの目の前だった。
(同時にガードマンの目の前でもあったけど笑)

すぐ目の前に憧れの彼がいて、大好きなギターを弾きながら歌ってる。
「この距離なら手が届く」と思いながら暴れているうちに、
それが現実となった。しかも3回も。

そして、こんなにも汗や唾を浴びて嬉しいと思ったのは初めてだ←

細美だんだけでなく、ギターのまささんもマジでかっけぇ。
結構しょっぱなで上半身裸になり、
ギターを汗で濡らしまくりながら魂のこもった演奏を見せてくれた。
そんな彼からもらったピックは一生の宝物です。

曲はThe Ivyから始まり、最初っからガンガン飛ばしてた。
5曲ぐらい飛ばしに飛ばしまくってから、
My Own Worst Enemyなどで一度落ち着かせる。

大好きなSilver BirchとLone Train Runningなどでまた飛ばした後、
Antibioticなどでまた落ち着かせる感じ。
アンコールは2回で、最後の最後にGhost in The Rain。

最後の曲が終わった後、細美さんはその場に倒れ込んだ。
それぐらい、本気で歌ってくれた。
それがたまらなく嬉しかった。

「絶対にまた秋田来てやっからよ。
ちなみに絶対ってのはな、100%のことを言うんだからな?
今日は最高に楽しかった!」

そして何よりも、秋田のHIATUSファンがみな素晴らしかった。
あんなにも会場が一体となったライブは初めてかも。


終わって会場を出ると、全身の至る所から搾り取れるほどの汗をかいてました。
「ズボンの替えなんて持って来てねぇーし」とか言いながら、
一緒に参加したHIATUS好きのAIU生達と共に打ち上げなるものへ。

その後は朝方までHIATUSやエルレの曲をひたすらカラオケで熱唱。
おかげで喉がすげぇーことになってます。

来年以降も出来れば参加したい。HIATUSのライブ。
有給の使い道は決まったな。

そしてオレは今、幸せから生まれる無力感のようなものに襲われている。

20100819002703.jpg
関連記事
Theme: 大学生日記 - Genre: 日記

Comments

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。