スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北商社会

結果的に悲惨な1日でした。

朝6時半にAIUを出発。
普通に20分以上遅れてきた奴に対して、この時点で既にイライラ。
こういう大事なイベントに平気な顔で遅れてくる奴は大嫌いです。無責任すぎる。

10時頃になぜか宮城県古川市で高速を降りる。
後から聞いた話、事故か何かで古川以南の高速が通行止めだったとか。
みんなが高速を降りるから、古川市は交通渋滞。イライラ。

全然進まない。イライラ。

午後1時、やっと目的地に到着。出発してから6時間半が経過。
ここでは公言できないけど、バスを降りた瞬間にイヤな光景を見てしまい、ガックリ。

商社会で高校の時の友人2人と再会出来たけど、
バスを降りた時の事件が精神的にオレをどんどん底辺まで落ち込ませる。

午後5時半、東北商社会終了。

6時に仙台を出発。

帰りも高速が通行止め。イライラ。
途中、晩飯を食べる所がなく、結局日付が変わった午前0時過ぎにAIU到着。
空腹でイライラMAX。

行き6時間半+帰り6時間=合計で12時間半バスに拘束される1日となりました。
運転手さん本当にお疲れ様です。。


東北商社会はというと・・・

まぁ社員の方々と直々にお話が出来たのは良かったかな。
ただ遅れて到着したがために、やはり時間が到底少なすぎたっていうのと、
コネってものに対する怒りが沸々と湧きあがるような1日でした。

「東京の学生は君たちと違ってもっと危機感を持ってるし、もっと必死だよ」

っていう言葉をあるお方から頂いたんだけど、正直頭に来ました。
東京の学生と東北の学生を比べることがまず間違ってるでしょ。
地理的要因を言い訳にしちゃいけないとかさ、もっとOB訪問しろとかさ、実際無理だから!
あのお方たちはずっと都会の方に住んでるからそんなことが平気で言えるんだよ。
週3ぐらいで秋田・東京間を夜行で行き来してみてからそういうことをおっしゃって頂きたい。

それにオレらだって十分必死です。
別に力を抜いてるとかじゃないんだけどね。そういう風に見えるんでしょうか。


とにかく。

就活が本当にめんどくさくなってきた。

結局は東京の学生が勝つって言いたいんでしょ?
そりゃ東京の学生の方が随分とコネもあるだろうしねーーー

どうにかならないんですか、このコネ社会。
関連記事
Theme: 大学生日記 - Genre: 日記

Comments

  • 2010/02/09 (Tue) 15:11
    もっそ #- - URL
    *一社会人さん

    確かにおっしゃる通りなんですよね!
    「コネも実力のうち」っていう言葉は全然間違ってないと思います。
    だからいかに信頼関係を築き上げるかといった所だと思うんですが、やはり立地的に厳しいものがあります。。一番不利だなぁーと感じるのは、卒業して就職した先輩方が合計で100~150人ほどしかいないことです。情報を集めようにも人が少ないですし、みなさん社会人1年目とかで忙しいのでアポが取りづらいです・・・。

    でもそんな大学に入ろうと決意したのは自分自身だし、そこはどうにか乗り越えなきゃいけないですよね。そして今まで自分がやってきたことと、これからやっていきたいと思っていることを一本の直線で繋げることも大事ですよね。色々な課題はありますが、ここで諦めたくはないので、内定を取るまで気を抜かないつもりです。

    貴重なお話ありがとうございました!
    こういった意見交換等ができるから、ブログを続けてるんだと思います。

  • 2010/02/09 (Tue) 15:04
    もっそ #- - URL
    *もささん

    そうだねぇー。。
    こんなに地方の大学が不利になるなんて、入学時には思ってもみなかったよ。
    とにかく掴めそうなチャンスは逃さないことだね!
    諦めたりしたら終わりだから!

  • 2010/02/08 (Mon) 01:35
    一社会人より #tl2iQ/4g - URL

    自分も大学生の頃には確かにコネに対する反感はあったけれど、実際社会に入ってみると、「コネも実力のうち」という言葉の重みを実感することに。
    実際に大切な仕事を任せる相手として、テストの点数や大学時代の成績が良いが全く面識のない若手と、やや劣る成績だが自分と同じゼミ出身で、同じ教育方針のもとで卒業してきた若手と、どちらが信頼しやすいか、といったら殆どの社会人は後者と答えるはず。
    また例えば金融街で働きたかったら、その近くの大学出身で、近隣でバイトやインターンをしてきた人の方が有利だし、農学の道を目指す学生なら実験農場などの施設の整った大学(往々にして田舎にある)で実習を積んできた学生が有利なのは明白。
    就職を大学教育の副産物として考えるか、大学教育を就職の手段として考えるかの違いは大きいけれど、後者がノームの場では「東京に就職したいのになぜ田舎に行ったの?」「酪農を勉強したいのになぜマンハッタンの大学に行ったの?」といった批判めいた質問を受けるのは仕方のないことだと思う。そこで「マンハッタンで酪農を勉強して何が悪い?」と開き直っても何の解決にもつながらないわけで。

  • 2010/02/07 (Sun) 15:42
    もさ #tIzNQ2cE - URL

    悲しいけど、それが現実(>_<)
    だからその中でどう上手くやっていくかを考えなきゃとは思う。。。

    それに、上を見たらきりがない。
    もっそさんは前に学歴・就職先がいいっていう記事書いてたけど、地方のそんな良くない大学にいる私からしたらもっそさんはすごくうらやましいよ!

    地方は明らかに不利だけど、本当にやるしかないんだよね。みんなで情報交換しつつ励ましあいつつ頑張ろう!

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。