スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見方さえ変えれば就活は楽しくなる

ココアはやっぱり森永♪
明治ブルガリアヨーグルト♪

こういった簡単なリズムに合わせた商品宣伝って、
実はすんげぇー賢いビジネス戦略だなぁと最近改めて実感したオレです。

昼の12時に起床だったけど、おはよーにっぽん。

就活してる身なので、やっぱどうしても就活のネタは多くなっちゃいます><
でも昨日、とある友人と話してて感銘を受けたことがあったので書きます!
一緒に就活してる人に共感して頂きたい!


午後2時から7時近くまで企業説明会があり、そこから約2時間はサークルのミーティング。
夜9時半とかになってようやく家に戻り、ゆーいちにコンビニへ連れて行ってもらい、
戻って来てからはすぐ図書館に行ってSPIを始めるつもりだった。

が。

そこにいたのはオレよりも留学を半年早く終え、就活にも割と慣れていた友人。
そんな彼女と会って就活の話をしないはずがなかった。
オレ自身もコツというかアドバイスというか、そんなものが欲しかったし。

最初から「こうした方が良いよ」「あの時はこうするんだよ」っていう話ではなく、
なぜかやたらオレに質問攻めする友人。

「就活におけるもっその軸って何?」っていう質問から始まった。

上手く言えんかった。
心の底にある「自分が何かを達成出来ないことがすごく悔しいから、それを軸に頑張れてると思う」
みたいなことを言った気がするけど、向こうは聞いてて何だかパッとしない顔だった。

「じゃあお前の軸は?」と逆に聞き返してみた。
すると友人は迷いもせず「食」って答えたんよ。
「食」が私の軸で、自分がそう感じるように、食を通して人を幸せにしていきたい、って。

ここまではっきり決まってる人っているのか!
自信満々に「食」って言える辺りにオレは圧倒されてしまったよ。

自分はやりたいことが何なのか未だに分からない。
どういうことに興味があって、どういうことを会社でやりたいのか分からない。
っていうことを伝えたら、友人はこう言った。

「自分のやりたいことが見つからない人は、やりたいことを一生懸命探してる人だ」

名言だと思います。言われてみればその通りなんです。
この時期になると、将来働きたい業界をある程度絞らなきゃいけないし、
入社後に配属される部署だって自分で志望しなきゃいけない。
そういった時に、自分は何がしたいのかって自然と探しちゃうんだよね。

でも友人が言うには、探しちゃいけないんだと。
適性を見極めるといった意味で、過去の自分を徹底的に振り返るんだって。
過去の自分の経験を掘り下げて行って、
その根底に眠っているものが自分の意思だったり興味だったりする。
そこを上手く発見出来れば、自ずと自分のやりたいことが見えてくるんだって。

そこで「じゃあさ」と言って友人が質問を変えてきた。

「もっその強みって何?」
オレは野球部で培ってきたものが多々あったから、それを答えとして出してみた。
するとそれを掘り下げ始める友人。
「なんで野球を続けて来れたの?」「なんで数あるスポーツの中からあえて野球を選んだの?」
「つらかったことは?」「その時どう対応した?」

そして話は自然と大学入試の話に移って行き、
「なんでイギリスではなく、日本に残ってAIUに入ったの?」っていう質問に。
そこから派生して行った結果、留学中に気付いた日本の良さっていう話題になった。

30~40分ぐらい話した後に友人が一言、「もっそは営業に向いてると思う!」って言った。
オレは超ビックリしたんよ。営業なんて絶対やりたくないって思ってたから。
そこら中周って商品をアピールして売って、、、つらい仕事だなぁーって。

でも友人は言う。

「仕事はもっそにとっての野球と一緒だよ。
いくらつらくても、楽しいと思えれば全然違ってくるんだよ。
客観的に見れば野球ってすごくキツそうなスポーツだけど、全然キツくないでしょ?」

もう感動っすね。

すんげぇー納得できた。
「あの会社はつらそうだから嫌だ」「営業って大変そうだから嫌だ」って言ってられないんだ。
言ってられないというか、そうあるべきじゃないんだ。
好き・嫌いっていうよりは、自分にその会社や仕事が合ってるかどうかなんだよね。
いくら好きで熱意があっても、その仕事との相性が悪かったらダメなんだよ。

昨日来てくれた双日株式会社の人事部の方もおっしゃってたけど、
「就活と婚活って似てるんですよね」って。
いくら相手のことが好きでもダメなんだと。相性が合ってないと。

言われてみれば、オレという人間は営業に向いている素質を兼ね揃えているのかもしれない。
「人間が好き」っていうものが自分の根底にある時点で、営業か人事かなぁーとは思ってたけど。
まさかあんなにはっきりと「営業!」って言われるとはなぁー。

自己分析って自分でやろうと思ってもなかなか難しいことで、
こうやって誰かに話を聞いてもらうだけでかなりやり易くなるんです。
自分という人間がどういう生き物で、どういったことに興味があって生きてきて、
それを今後どのように生かして行けそうなのか。

自分の興味や強みって、大抵は自然と身についてたりするから気付きづらいんだよね。
それを引っ張り出してくれた友人には感銘を受けました。
徹底的に自分のことを掘り下げて、行く所まで行き着いたら、
今度は自分が聞き手になって誰かのポテンシャルを引っ張り出したい。

あ、そうそう。
その友人が言ってた大事なポイントを1つご紹介。

「自己分析する時は就活のことを頭から消せ」

ありのままの自分と向き合って自己分析しないと、見えてくるものも見えてこない。
どうしても就活と自分の経験を結びつけながら考えてしまいがちだけど、
そうではなく、何も考えずにただ自分の経験や歴史を掘り下げること。
そうすれば今まで見えなかった自分が見えてくるんです。

だから「見方さえ変えれば就活は楽しくなる」んです。
関連記事
Theme: 大学生日記 - Genre: 日記

Comments

  • 2010/01/17 (Sun) 14:25
    もっそ #- - URL
    *もさ

    そうなんだよね!友達に話を聞いてもらうだけで全然違うんだよ!
    自分の本心というか本音というか、そんなものがすぅ~っと出てくる。
    オレも今から自己分析開始だわさ。

  • 2010/01/17 (Sun) 14:22
    もさ #tIzNQ2cE - URL

    今日の日記、すごく共感!
    自分でじっくり考えるのもありだけど、人に話す事ですんなり答えがでてきたりもするんだよね。
    私も自分の軸がかすんできたから、今日は自己分析やり直すつもりだよ!

  • 2010/01/17 (Sun) 13:13
    もっそ #- - URL
    *こじ

    要は気持ちの持ちようによっては見えてくるものも全然変わってくるってこと。
    そこに気付くことが出来ればいいなって常に思う。

  • 2010/01/16 (Sat) 17:01
    こじ #- - URL

    読んでてなんだか勉強になった気がします。
    自分自身将来何をしたいのかも全然決まってないし最近少し悩んでたんですよね。
    今度じっくり考えてみたいと思います。
    いい記事でした!

    今日の練習お疲れ様でした。
    次は月曜日、来れれば来てくださいね^^

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。