スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

McDonaldization

中国の会社がiPhoneを完全にパクったような携帯電話を販売するみたいっすね。
あまりにもパクり過ぎてて面白いですよ。一体どこまでパクったら気が済むのやら・・・

参考記事:
どうしても「フルキーボードが付いたiPhone」にしか見えない中国製スマートフォン「COOLi902」


ここからちょっとmixiからの抜粋みたな感じになっちゃいます。

最近、マクドナルド化(McDonaldization)についての本を読んだんです。
全部英語だからちゃんと内容を理解出来てるかは不明だけど、
現代がマクドナルドで有名な「完全マニュアル化社会」になりつつあるというお話。

完全マニュアル化社会になってしまうと、脱人間的な環境を作り上げてしまう。
マックで列を作って自分の番を待つ人々やその場で働いてる人々は
食べ物を求めるなどという意思を超え、
自分が組立作業ラインの一部であるという感覚に陥るとのこと。

でもマニュアル化によって効率性や予測可能性や計算予測性などがはっきりとし、
ビジネスをやっていく上では非常に効果的であるという一面を持っている。

まぁちょっと分かりづらい話なんだけど、
結局著者はマクドナルド化によるマニュアル化を合理的システムと捉え、
この合理的システムが人間の理性を否定するとして批判している。

そんでもってこのお話は企業の官僚制に関わりがあるんです。
トップ・ダウン方式の官僚的マネジメントでは、
全ての命令や任務が的確に各々の職務範囲内で行われます。
自分の職務範囲内でしか行動しないため、
官僚的企業では電話のたらい回しなどが起こってしまうんです。
自分とは関係の無い仕事は他人に回せと言われているので。

仕事が的確に出来る半面、
官僚的企業ではコミュニケーションが不足したりなど、脱人間的になります。
これがマクドナルド化の問題に繋がるんです。

すげぇー簡単に説明すればこんな感じ。



・・・という話を読んだので、
今日気分転換に1人で行ってきたロンドンで実際にマックを訪れてみました。笑

長蛇の列に並ぶ。レジの店員はみんなアラブ系移民だ。
そして注文する時が来た。いつもの「ビッグマックセット」。
「large or medium?」と機械のように問いかけてくる。
前に並んでた人にも全く同じ質問をしてた。

驚いたのは注文が確定してから実際に商品が手元に届くまでの時間。
ちょっと気になったので数えてみたんです。

その結果、なんとまさかの11秒。完全に体内時計で計ったけど←


にしても は や す ぎ る ww


あまりの速さにビビって5ポンド札で済むところを20ポンド札出しちゃったよ。
おかげ様で細かいお札が帰って来たけど^^

この驚くべき速さ。完全なる効率性重視ビジネスだね。
上で読んだ本には、マニュアル化したために発生するこの脱人間的な環境が
働いてる人々だけでなく消費者にも充満することが問題だと指摘されていた。
face-to-faceの場面で脱人間的になってしまったら、
確かに人々は自然と他人との人間関係を疎かにしてしまうかもしれない。


ということで、今日はちょっとだけ勉強になるような記事。
こういうのもたまには悪くないね!自分でも色々と整理出来るし!

実はこれが最後のテストのトピックなんです・・・orz
関連記事
Theme: 大学生日記 - Genre: 日記

Comments

  • 2009/12/04 (Fri) 21:37
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    哲学になると全然分かんないです。
    ビジネスと経済学しか学んでないので。
    社会学を勉強している友達に科目の内容を軽く紹介してもらったことがありましたが、それにも興味を持つことができませんでした。
    なんかこう・・・、哲学的に考えるのが嫌いな人間みたいです、自分は^^;

  • 2009/12/04 (Fri) 10:51
    匿名 #- - URL

    自分も興味ありましたが、小林秀雄が言った様に、日常を越える政治とか社会の事を述べようとすると非常に困難です。

    ソクラテスはキリがないので、『汝自身を知れ』と自分に帰っていったと小林秀雄が述べてますが分かる気がします。

  • 2009/12/04 (Fri) 03:55
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    お、ご存じなんですね、Max Weber。
    実は彼が唱える「官僚的」組織について今勉強してるんです。
    これがテストのトピックでして・・・
    それに対抗していたMertonやらの意見なんかも組み込んでいく予定です。
    Contingency theoryとか、その辺の分野ですね!

    McDonaldizationについて言及してるのはGeorge Ritzer。
    彼の意見を要約しているような本があったので読んでみました。
    結構興味深いですよね。組織進化論とかも絡んできて何だか厄介なことになってますが笑

  • 2009/12/04 (Fri) 03:48
    もっそ #- - URL
    *立花さん

    おひさしぶりです!
    確かにロボットでも出来る作業ですよね。
    今後はロボットがマニュアルに従って動く社会になりそうですよね。
    でもそしたら我々の雇用は?という問題になります・・・

    人は人らしくいるべき、というのが主題になりそうですねー。

  • 2009/12/04 (Fri) 01:42
    匿名 #- - URL

    マックス・ヴェーバーじゃないですか…
    ただ日本の場合は、特殊だと思います。日本の思想でも読めば、日本のややこしさが分かると思います。

  • 2009/12/03 (Thu) 13:23
    六花 #XZ039GEA - URL
    マクドナルド化

    お久しぶりです、こんにちは。

    マクドナルド化と言うか、流れ作業と言うか、自分もバイト中に人じゃなくても良いんじゃないだろうか、と思ってしまうときがあります。
    特に、愛想ないコンビニの店員とかロボットで十分では!?と思います。

    人が人に求めているものって何なのでしょうね。

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。