スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島旅行 ~Part2~

広島2日目は曇り&雨という天気。
初めはこの日に宮島に行く予定だったんだけど、天気のこともあって予定を変えて呉という街へ。

ここはあの有名な戦艦「大和」の故郷と言われている場所。
↓大和はこの中で組み立てられたという。

CIMG4337.jpg

他には映画「海猿」のロケ地にもなっているのが呉である。

呉に着いてまず向かった先が「大和ミュージアム」。
ここには大和にまつわる遺留品だったり歴史が紹介されている。

CIMG4321.jpg

今回も「続きを読む」からどうぞ!
↓中に入るとまず大きな大和が出迎えてくれる。

CIMG4311.jpg

正確には忘れたけど、10分の1スケールだったかな。結構デカいです。

奥の方に入っていくと神風隊や戦艦大和の乗組員の遺留品などが並んでいます。
映像で歴史を語ってくれる画面もあって、結構勉強になりました。

↓あ、ぜひこれを見て欲しい。

CIMG4315.jpg

これは戦艦大和が現在海の中で横たわっている状態を再現したものなんです。
沈む直前に火薬庫で爆発が起きて船は真っ二つになり、そのままひっくり返った。
その時に主砲(デカイやつ3つ)が船体から離れ、先に海底へと落ちて行ったそうです。
その後に船体が沈んで行ったので、主砲の姿はハッキリとは見つからないのです。

ちなみに大和の船底の先端部分が尖ってるのはみなさんお分かりですよね?
あれは当時の画期的な発明だったみたいで、
今ではほとんどの船に使われるようになったんです。

どういったプラス効果を生み出すかは定かじゃないけど、
速度が上がるとかそんな感じだった気がします。


大和ミュージアムの後は隣りに設置されていたもう1つの博物館へ。

CIMG4308.jpg

こっちでは潜水艦絡みの物が紹介されてました。
メインコンセプトは機雷除去で、それにまつわる話や模型がいっぱいでした。

戦後60年以上経つ今でも、機雷(海底に残ってる爆弾)はたくさん残ってるみたいです。
それらの除去作業が毎日行われてるんですが、それでもまだまだ除去しきれてないんだって。
実際に船が通った時に爆発するものと不発弾とがあるので、
結局は慎重に取り扱わないといけないみたいです。

3年ぐらい前まで実際に使用されていた潜水艦の中を見学することも可能でした!

↓中は狭くて機械類でごちゃごちゃ。

CIMG4328.jpg

本物のスコープ(海上を見るためのレンズみたいな物)は割と重く、
角度を変えるのは意外とそう簡単ではありませんでした。

博物館めぐりの後はフライケーキを食べて一服。

CIMG4340.jpg

あんドーナッツを揚げた感じで、外はサクサク中はもっちりな食感!美味い!
1個70円と安く、オレはかなり気に入りました♪


そして広島と言ったらここ、原爆ドームを訪れたのは最終日3日目でした。

原爆ドームへは広島電鉄という路面電車で10~15分ぐらい。
運賃は市内なら一律150円と結構安め。

CIMG4367.jpg

原爆ドームはテレビや写真で見るよりも色んな意味で大きかったです。
建物に残された焦げが何ともリアルで、当時の悲惨さを物語っているようでした。

CIMG4373.jpg

原爆ドームは元々、残されてる部分よりはるかに大きい建物だったんです。
当時にしては珍しい建築様式で、確かチェコの建築家がデザインしたはず。

原爆が原爆ドームの真上で爆発したと認識している人が多いようだけど、
実際は真上ではなく数十メートル離れた所が爆心地なんです。
これはオレも現地に行くまで知りませんでした。

爆心地のすぐ近くには「被爆地蔵」というものがありました。

CIMG4374.jpg

よーく見てください。
地蔵が座っている石に焦げのような跡が付いてるでしょう。(黒くなってる部分)

これは原爆がほぼ真上で爆発したために残った地蔵の影なんだけど、
その黒く残ってる部分を触ってみるとすごくツルツルで滑らかなんです。
でもその外側の白い部分を触ると、結構ザラザラで石が荒くなってるんです。

つまり地蔵の陰になって原爆の熱が当たらなかった部分は元の石のままツルツルで、
当たってしまった部分(被爆した部分)は熱で溶けてザラザラになってしまったんです。
原爆の威力半端ねぇー。

でも今では広島に落とされた原爆の3000倍もの威力をもった水爆なんかが開発されてるから、
本当に恐ろしい世の中だと改めて感じたよ。


資料館には当時の写真や遺留品がたくさん置いてありました。
ボロボロになった服や曲った橋の鉄辺など、原爆の脅威を示す物ばかりでした。

↓これは被爆した時間に止まった腕時計。

CIMG4385.jpg

8:15を指してるのがリアル過ぎです。恐怖が伝わってきます。

原爆ドーム周辺には平和を願う色んな記念碑が並んでます。

CIMG4379.jpg

↓これが毎年8月15日に献花が行われる場所です。

CIMG4382.jpg

原爆ドーム、消えない炎、記念碑が一直線に並ぶように出来ています。
消えない炎っていうのは、原爆がこの世にある限り燃え続けるんだそうです。


・・・原爆がこの世から無くなることはあるんでしょうか。

はっきり言ってオレは無いと思う。
原爆はその国を守る他に、強さを表すバロメータにもなるからね。
持ってた方が優位だというのは誰でも分かる話。
そんな中であえて原爆を手放す者がいるんでしょうか。

資料館に飾ってあったフランスの水爆実験の写真には驚かされました。

同じ写真を誰かのデスクトップの壁紙で見たことがあるんです。
「何の映画の広告なんだろう?」なんて考えてた自分がいた訳なんだけど、
資料館で「フランスの水爆実験」というタイトルとその写真を見て我が目を疑ったよ。
実際に存在した爆発だったなんて・・・なんて恐ろしいんだ。

↓それがこの写真です

s03.jpg

あり得ないよね・・・現実でこんなことが起きてるなんて・・・

お願いしますからこういうことはもうやめて下さい人間たちよ

争って一体何になるんだよ

同じ種族なのに・・・


という訳で、非常にためになる旅行でした。
中学生がいくつかの学校から原爆ドームを訪れてたけど(修学旅行かな?)、
これは全国の中学校・高校で義務化するべきだと思う!

子供をこういった所に連れて来て歴史を学ばせるのは非常に大事なこと。
改めて歴史から分かる現代の情勢を学ぶことの大切さを知ることが出来た気がします。

関連記事
Theme: 大学生日記 - Genre: 日記

Comments

  • 2009/06/26 (Fri) 17:39
    こじ #- - URL

    ありがとうございます!^^

  • 2009/06/26 (Fri) 16:00
    もっそ #- - URL
    *こじ

    テンプレートの記事を書く欄のサイズに合わせる必要があるんだよね。「テンプレート設定」の「スタイルシート編集」で自分のブログの記事欄の大きさを確認&変更することが可能だよ。たいていは「記事テーブル」とか「記事枠」みたいな名前でスタイルシートが書かれてて、そこにwidth: 500px;とかってなってるはず。これが記事テーブルの幅であって、これに合わせるように画像を縮小すればOK。オレの記事テーブルは幅が540pxで、画像はいつも500pxに縮小してるよ。

  • 2009/06/26 (Fri) 15:57
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    我々がこういったことに対して行動を起こしにくいのは、「どうせ個人の力でものを言ったって国家権力的な問題だから叶わない」っていうのがあるからんなんでしょうか。確かに我々が何かを言ったところで、そんな簡単に原爆は減りませんし、戦争反対って叫び続けてもそんなものをなかなかなくならないですよね。

  • 2009/06/25 (Thu) 17:03
    こじ #- - URL

    どれぐらいの大きさに縮小すればいいんでしょう?
    って悩んでるんですよね。

  • 2009/06/25 (Thu) 02:54
    匿名 #- - URL

    知ってるのと、知りながら何かをするのは違いますよ。知っているだけで、どうにかなるものでも有りませんし。

    せつないだけで済むのなら、別にそのままでも良いと思います。済まないと思うから、あれだけ必死に伝えようとするのでしょう。

  • 2009/06/25 (Thu) 01:47
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    まぁそれはそうですね。個人の問題意識による部分は大きいでしょう。
    でも原爆の事実を知らずに育っていく人がいるってことを考えると切なくないですか?これぐらいは日本国民として最低限知っておくべきことなんだと思います。

  • 2009/06/25 (Thu) 01:24
    もっそ #- - URL
    *こじ

    そうかもねー。夏目漱石の「こころ」も年月が経ってからよ見返すと何か違うものを得れるっていうし、それと似たようなものなのかもしれないね。

    画像?大きくなりすぎるってこと?「画像縮小」でブログの記事欄に入る大きさにしないと変になっちゃうんだよね。この問題のことかな?

  • 2009/06/25 (Thu) 00:24
    匿名 #- - URL

    義務化しても効果は少ない。確かにきっかけを与えるという点では必要だと思うが、結局は自主的に問題意識を持たないと、こういうのは意味が無いと思う。

  • 2009/06/24 (Wed) 17:45
    こじ #- - URL

    小学校の修学旅行で行ったのを思い出しました。
    今行けばまた違うこと思ったりするんでしょうかね?

    ところで画像の載せ方を教えてほしいのですが・・。
    僕がやるとものすごく汚くなっちゃいます><

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。