スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨2号

3つ目のファイナルをさっき終えてきました!40分余ったから早めに抜けたよ^^
ついに明後日がラスト。つらかった日々に終止符が打たれるんだね・・・

今のところすべて順調!だと思いたい。
4つあるうち3つのエッセイが返って来たんだけど、どれも8割以上取れました!
さすがに9割は遠かった。。浅はかな希望は泡となって消えましたよっと。


てか6月になりますねぇー

最近ムシムシな天気が多くなってきたような気がします。
イギリスの雨季は1~2月だと思ってたけど、またもや到来か?
1年に二度の梅雨があるとかこの国終わってるな笑

日本でもそろそろ梅雨入りなのかな?
秋田は春がいつの間にか梅雨になってて、
それが延長して「夏!」って季節が来ないまま秋に入っちゃうんだよな。
これまた嫌な天気な訳だけど笑

こうなんていうの?

常夏を味わいたいよね。沖縄行きたいよね。
行ったことないんだオレ。社会人になったら絶対いつかは行ってやるんだ。
海に潜ってそこら辺の海藻と一つになりたいんだ。

・・・。


前回の記事で大活躍(?)したフラットメイトの金ちゃん&茶ちゃんですが、
2人とも23日にテストが終わってるはずのに、
あれからずーっと部屋にこもりっぱなしで全然退去しないんだよね。
一体何やってんだろう・・・

たまに2人の話声が聞こえて来るんだけど、それ以外は静寂。
どこかに出かけることもなく、ずーっと部屋に閉じこもってる(でもドアは全開w)

まっ、別にホントどうでいいよね笑

棚に飾ってるビールの瓶を捨てるのは何だかもったいないな。

CIMG3978_convert_20090528065035.jpg

フィンランドから来たJ君の部屋には棚3段に渡ってビール瓶が飾ってあったよ。
あれ全部処分するのは相当惜しかっただろうに。


イギリスに滞在するのもあと4日かぁー!

早過ぎる5ヶ月間だったな。
もう少しだけ帰る時期を遅らせれば良かったかなぁーという後悔の念もあるけど、
やっぱり日本が好きで早く元の生活に戻りたいという気持ちも強い。

あと4日しかいれないのは(´・ω・`)だけど、
あと4日で帰れるのは(*^ω^*)だなぁー

複雑な気持ち。

関連記事
Theme: 大学生日記 - Genre: 日記

Comments

  • 2009/06/01 (Mon) 01:42
    匿名 #- - URL

    名前忘れましたが、アップルの社長だった人が大学を卒業する人達に送った言葉を読む事をすすめます。
    たぶん、簡単に見つかると思います。

    外資系に就職した人達の本を読んだことがありますか?読んだ事が無いなら、最終的な決断はどうであれ、少なくとも視野が広がると思います。

    適当に考えてたら、焦りませんよ。
    先は誰にも分かりません。結果を集めて今までこうだったから、こうしようも現実には通用しません。
    答えを期待しないのが良いと思います。求める答えは有りませんから。

    ある時に振り替えって、判断すると答えになるかもしれないと思い、日々努力しなければならないのです。と、上で紹介した人が言ってましたww

  • 2009/05/31 (Sun) 18:49
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    まぁそうなんですけどね。先生個人では社会は変えられません。
    でもだからといって教育委員会とかそういう機関に入ったって、社会を変えるのは相当難しいと思います。そんな簡単なことじゃないですよね。だったら別に先生になって、その学校の中だけでも何か改革を起こせたらなって思う事が時々あります。
    同じ仕事に一生従事する必要がないのは確かに正しいですが、今の世の中、転職なんてのは非常にリスキーです。それに、若者であれば初めは低めの給料を与えれるという点において、会社側はそれなりに年を重ねた人間をたくさん雇おうとはしません。
    でもこの先どうなるか全く分かりませんね。僕の場合、具体的な夢とかまだ何もないので。
    正直多少焦ってますよ;;

  • 2009/05/30 (Sat) 20:36
    匿名 #- - URL

    自分は先生にはなりたく無いですね。はっきり言って先生個人では無に等しいと感じます。
    まぁ、身の回りだけで良いと感じるなら、それも良いでしょうが、社会全体としては変わらないと思います。


    1つの会社でずっと働かなくても良いのです。
    英語を活躍出来る所で働いて、自分を高めてから何かしても良いと思います。
    ただ、毎日仕事に終われると長期的な視野を持ちにくくなると思うので注意が必要かと。


    あと、親が先生でも機会が増えるだけで主体的に学ぼうと思わなければ、意味ないです。姉なんて自分と真逆で職人目指してますし…

    これからは、主体的に学ぶ姿勢が必要だと思います。周りからの強制によって学ぶ知識は深みが無いですし、問題意識が育たないでしょう。もちろん環境は大事だと思いますが。

    一応言いますが、やりたいと思うのと、やってみるのと、やり続ける事は違います。

  • 2009/05/30 (Sat) 17:59
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    そうだったんですか、それなら教育問題と向き合える機会も増えますね。実は僕も教育システムとか教育心理学には少なからず興味があって、一時期はこういうことに関わるような仕事か、そうでなければ先生になりたいなぁーなんて思ってました。大学に入るまでに色んな「ダメな」先生と出会ってきたので、自分は質の良い授業を学生に提供したいって思いもありました。
    でも結局やりたいことをやれずに大学生活を過ごしてる感じですねー。まぁせっかく英語も出来るようになったし、将来は英語を使えるような仕事に就こうって意識は芽生えてきてますが。でも教育制度に関してはそのうち色々と勉強してみようかな、まだ興味あるし。って感じです。

  • 2009/05/30 (Sat) 08:35
    匿名 #- - URL

    10代です。
    両親が先生なので、教育の事を良く議論するのですが、はっきり言って問題意識が低いです…

    なぜ、個性個性と叫ぶが均一化した教え方なのだと言うと、それぞれの先生や学校によって教育方針は違うと言うのですが、方針が違うだけで、実際に相互関係のある場を作ってない。


    ある意味、軍隊の教育制度と似てると思います。
    知識重視なので、こうなるのでしょう。

  • 2009/05/30 (Sat) 04:26
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    ありがとうございます。
    いやぁー、結構楽しかったです。こういった論議(?)は大学でもなかなか出来ませんからね、これがブログをやっていて良かったと感じる瞬間ですよ。
    失礼じゃなければ年齢だけ聞いても良いですか?年代(10代、20代、、、)だけでも構いませんので。

  • 2009/05/30 (Sat) 04:07
    匿名 #- - URL

    自分が説明するより、本を読んだのが理解出来ると思います。なので本を読むことを勧めます。
    今までの学習の思想基盤(学問の基本的な考え方)は何処から来てるのかとかも、ある程度分かると思います。


    読むとしたら、小論文を学ぶ→日本の思想のが良いと思います。

    日本の思想は難しいです。

  • 2009/05/30 (Sat) 03:28
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    うーむ、では僕は本当の教養というものを受けていないのかもしれませんね。学問の基本的な考え方ではなく、学問の基本的な知識が身についてるんだと思います。学問の「考え方」というのは一体どういうことなのでしょうか?勧めてくださった本を読めば分かりますか?

  • 2009/05/30 (Sat) 03:19
    匿名 #- - URL

    日本の思想と小論文を学ぶという本を読むのが分かると思います。

    日本には教養人が居ないというか少ないと思います。それが問題です。
    問題提起したり議論する場が義務教育の中でありましたか?
    これでは、漱石が嘆くのも分かります。

    それに、日本人の思想にも絡んでくるのでややこしいです。

    たらたらと書いても良いのですが、上で挙げた本と似た様な事を述べると思いますので省きます。

    あと、学問の基本的な考え方を身につけるのが教養だと思います。なので知識とはまた違うかと。

    別に幅広い知識を持っていても教養があるのかと言えば、そうでも無いと思います。
    何年かすると忘れるような、知識とは違うと思います。

  • 2009/05/30 (Sat) 02:42
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    まぁ確かにそうですね。断片的に特化された知識を持った者が上手く組織されて働けばいいのですが、そうじゃないと問題解決のためのシステムが崩壊してしまいますね。
    僕も海外で取り入れられている教育システムに肯定的な意見を持ちますが、この場合、1人当たりが保有出来る知識の深さ・専門性は日本にいる専門家と比べたら劣ってしまいますよね。広範囲に渡る知識を保有することは可能ですが、技術的・専門的な知識は身につかない。
    だからこういった教養教育を受けた人たちをベースにして問題の提示・把握・解決策などを導き出し、その上で専門的な知識を持った人たちが動けばいいのではないかと。

    ちなみに「匿名」さんは、日本が例えばどういった問題に対応出来てないと思われますか?

  • 2009/05/30 (Sat) 02:30
    匿名 #- - URL

    いや、今の日本の教育は時代に合っていないと思います。もちろん、職人になるための教育は良いと思いますが。

    抽象的になりますが、それぞれが専門的な分野を学べば、全体として問題に対応出来るかというとそうでも無いと思います。

    複雑系とかいうのも、端的にそれを表してるのだと思います。
    そもそも、難しい事は分割して考えよというのは、分割した後に、元に戻すと元の複雑な事象に対応出来るのか…

    簡単に言うと、数学みたいな線型的な思考では無理があるかと。


    何が言いたいのかと言いますと、日本は学問を専門的に分割して問題に対応しようとしているが、現実として対応出来てないと思います。

  • 2009/05/30 (Sat) 02:04
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    まさにそうだと思います。海外の大学は基本的にリベラル・アーツという教養教育に取り組んでいます。国際教養大学はこのような海外の教養教育を取り入れた教育システムになってます。だから一言にeconomicsと言っても、経済史もすれば経済論だってやるし、ビジネス戦略や会計の基礎もやります。
    でも日本がやってるspecializationも悪くないですね。研究に没頭して1つの物事を集中的に学ぶのも面白そうです。でもオレの場合は集中的に学びたいというようなものがなかったので、今の現状に一応満足はしてます。

  • 2009/05/30 (Sat) 01:54
    匿名 #- - URL

    教養を重視してるんだと思います。

    日本の大学は専門性が強いですね。現実の複雑な問題に対応するには教養というか体系的な知識のが使えると思います。

    技術者とか職人は専門性が強い方が良いでしょうけど。
    そういう意味では日本人はある意味単純で専門的な作業させる(物事を根本から考え直す事がない仕事)と強いと思います。
    それを美や生き甲斐と感じますし。

  • 2009/05/30 (Sat) 00:30
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    さすがにここまでは調べられなかった、っていうのもあるし、イギリスならどこの大学でも良いと思ってたので。
    それにイギリスではどうやら大学はただの中間地点であって、みんな修士号や博士号を狙いに行くんです。大学卒業直後じゃなくても、一度働いてから再び院に入ってっていう人も多いみたいですよ。だから大学では割と基礎の部分しか教えてないような気もします。

  • 2009/05/30 (Sat) 00:12
    匿名 #- - URL

    調べた上で大学を希望したのだと思いますが、ある意味凄い大学ですね。

    それだけ休みが多いと、イギリス人の大学に行く時の意識がどういう物なのか気になりますね。

  • 2009/05/29 (Fri) 23:01
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    それが全く無いんですよー
    他の国の大学はどうだか知りませんが、ここエセックス大学では夏休みの課題や宿題は全く無く、やるべきものは講義期間中のエッセイ提出とファイナル期間中のテスト勉強だけです。ただし専攻によってこれは異なってきます。まぁテストがエッセイ形式なので出題がかなり広範囲かつ混合的なので、テスト勉強はかなりハードにやらないと点が取れないと思いますが、それ以外は課題も無いですし勉強する必要がありません。
    夏休み以外にもイースター休みが1ヶ月、冬休みが1ヶ月弱あるので、合計で1年間のうち半年ぐらいは休みってことになります。。

  • 2009/05/29 (Fri) 20:29
    匿名 #- - URL

    休みだからといって、全然勉強してないわけでは無いと思いますが、大学からの宿題という物はあるんですか?

  • 2009/05/29 (Fri) 19:56
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    国際教養大学は8月に入る頃から1ヶ月間ほど休みになります。他の大学に比べて相当短いんです。
    でもオレは今、エセックス大学の留学プログラムに属してるので、エセックス大学の日程に沿うことになります。つまり国際教養大はまだセメスターの真っただ中ですが、オレは6月の頭から9月の終わりまで夏休みということになります。
    ちなみにイギリスだと6月上旬or中旬から3ヶ月~3ヶ月半ぐらいが夏休みで、アメリカの大学は基本的に夏休みの開始時期がイギリスよりも1ヶ月弱早いです。
    夏休み長すぎですよ、ほんと。いかにこっちの学生が勉強してないかが分かりますよね笑

  • 2009/05/29 (Fri) 19:34
    匿名 #- - URL

    そうなんですか。本来所属している国際教養大学も休みという事なんですよね?

    夏休み長くないですか?

  • 2009/05/29 (Fri) 15:08
    もっそ #- - URL
    *匿名の方

    1年間ですよー
    でもオレみたいに冬に留学すると夏休みが4ヵ月ぐらいあって、かつ寮を追い出されるんです。まぁ追加オプションで住み続けることは可能ですが、それなりにお金もかかりますし、何よりも友達が一人も残らずみんな地元に帰ってしまうので、4ヵ月間1人ぼっちになってしまうのです。
    だからこうして夏の間だけ日本に帰って、オレの場合は学期が始まる9月後半になったらまたイギリスに戻るという訳です。

  • 2009/05/29 (Fri) 11:01
    匿名 #- - URL

    留学って一年間じゃないんですか?

Leave a Comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。